未来の私が

今をふりかえる

光のみちを駆けぬけて

蒼い森の中

笑顔も涙も

風を切る翼だった


いつか そのとき

私はもういない

あなたという点を残して

私は線になって

ひとすじの跡をつけていく


いつか そのとき

私はあなたにどんなふうに

思い出して もらえるのだろう



☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~


ノートのなぐり書きを発見。

娘が生後6ヶ月くらいの時。

書いたことすらすっかり忘れていたので

なんとなくここに置いておきます。



ERINA

2018.02.05 Mon l オリジナル歌詞©エリナ l top ▲

もう なんにも 迷わずにいこう

心の 形を つくりつづけて

ああ こんなに やわらかな時間

指先で 紡いで 明日へ繋ごう


あたりまえの時は あたりまえじゃなくて

そのぬくもりさえも いつか消えてしまう

だから 触れる


Love,I Can Touch 

胸の中にある 優しい光は ちいさな希み

Love,I Can Touch

そっと引き寄せて あたたかな手触り 感じていたい


遠くゆらめく日々に なくしたものもいつか

雨になり土になり きっとめぐっている

だから 歌う


もう なんにも 迷わずにいこう

心の 形を つくりつづけて

Love,I Can Touch

そっと抱きしめて 確かな勇気を 信じている

Love,I Can Touch・・・

指先で紡いで 明日へ繋ごう




 Words & Music by ERINA NAKAJIMA

2017.08.02 Wed l オリジナル歌詞©エリナ l top ▲

風の行く先 変わるたび

約束がまた 噓になる

目覚めのドアを 開けるたび

君のいること 確かめる フフ


合わせ鏡の そのむこう

日曜日には さがしてる

夜の線路は どこまでも

終わりがないの 噓かしら


ああ 帰る場所が 違っても 消えないで


風の行く先 変わるたび

約束がまた 噓になる


ああ 帰る場所が 違うなら 行かないで

ああ 帰る場所が 違っても 消えないで


消えないで

消えないで

消えないで

消えないで

消えないで



Words & Music by ERINA NAKAJIMA

2017.08.02 Wed l オリジナル歌詞©エリナ l top ▲

青い波を越える魚の

虹を渡りはばたく鳥の

物語を 話そう

心でたどりつけるように


恋は まだ つかめない夢

かたちだけのフェイク


うねる時に肌をかさねて

あなたの顔をずっと見てた

暗い暗い部屋の中では

目を開けていても変わらない


愛は まだ 海の底にあるわ

愛は まだ 空の果てにあるわ


ちいさな願いを ただひとりで繰り返して

傾けた首のもとに傷跡は残せない


うねる時に肌をかさねて

暗い部屋を泳ぐわたしは

あなたの顔をずっと見てた

そこに居る?



Words & Music by ERINA NAKAJIMA

2017.08.02 Wed l オリジナル歌詞©エリナ l top ▲

ゆっくりいこうよ その手をつないで

青い 空と 白い 雲の むこうに あしたをさがそう


あなたは 今 いくつもの 虹を わたしに見せるの

わたしは 今 風の中で あなたに 歌いかける ルララ


ゆっくりいこうよ 寄り道しながら

花が そっと ひらく ように 心をほどいて

あいしたい


人混みに 流されて 言葉を なくした季節も

今ではもう やさしい記憶 あなたに 出逢えたから ルララ


ゆっくりいこうよ おいてかないでね

星の あかり 数え ながら うたって この手をつないで


つないでいて つないでいて

うたって うたって 

あいしたい


ラララ ラララ・・・



Words & Music by ERINA NAKAJIMA

2017.08.02 Wed l オリジナル歌詞©エリナ l top ▲