昨日は仕事のあと家族と待ち合わせ、しまじろうのクリスマスコンサートへ行ってきました。
昨年はボーっと見ていただけ?の娘も3歳になった今年はノリノリ。
ミュージカルのストーリーもだいぶ理解していたみたいです。
長い公演の最終回だったのでスペシャルアンコールもあり、たっぷり観れて大満足
ステキなクリスマスでした☆


さて最近、ボイトレエリナクラス専用のブログを立ち上げました。
後程リンクも貼りますがこちらのブログともシンクロさせていきます。
今日からワンポイントアドバイスも始めました。
よろしくお願いします。


【今日のワンポイントアドバイス】
力んでる時は、母音で。

高い声が出しづらい、パワフルに歌おうとすると喉などに力が入りすぎてしまう・・などの時は、まず、すべての歌詞を母音に変えて練習してみてください。
「わたしは」だったら「ああいあ」という具合です。

この時大切なのは、口はイーッと横に開けず、必ず縦口で(横に引っ張ると喉に力が入ってしまいます)。
喉の奥から胸やお腹に空洞が繋がっていくイメージ。

最後はその空洞のイメージをキープしたまま、母音に子音をそっと乗せて歌ってみてください。
最初より緊張がほぐれ楽に発声できていると思います。

高い声出るかな、、怖いな、、と思うと必ず体が緊張し、結果、出なくなってしまいます。
なのでまずは順序を逆に、体の方から緊張をほぐしていきます。

母音歌唱はその効果大ですのでぜひやってみてくださいね。


ERINA
2017.12.26 Tue l エリナクラス(ボイトレ) l top ▲
先週、講師登録させていただいてる音楽スクールの発表会があり行ってきました。
そこで私が教えている小2の男の子、T君の初舞台だったのです。

始めたばかりでしたので本当はもう少しレッスン回数を踏んでから、とも思ったのですが、本人と、お母様のご希望もあり出ることに。

なので、歌はもちろん、いや、歌より何よりも先に、これをきっちりやろうね、と伝えたのは
人前で歌う時に1番大切な「礼に始まり、礼に終わる」ということ。

☆歌う前には、自分の名前と、曲紹介を。
☆間奏の間にグニャグニャしたり、よそ見しない。
☆歌い終わったらゆっくり一礼し、聴いてくれた人にお礼を言うこと。

楽屋で「名前言うの、はずかしい。言わなきゃダメ?」って言ってた彼でしたが、なんと本番ではハキハキ、大きな声で名前と、ありがとうございましたを言えました。
もちろん歌もがんばりました!

礼に始まり、礼に終わる。

まずは形からでも。
気持ちは後からでもいいと思うんです。

まだ2年生で男の子ですから、変声期も来るし、体も成長過程。
だとすると、まずは楽しむこと、さらに礼、マナーを知る、歌詞のイメージで遊ぶなど、やることはモリモリあります。

とはいえ、私自身、小さな子のレッスンはまだ経験が浅いので、試行錯誤です。
T君の初めての発表会は、私にとっても貴重な経験となりました。
がむばります。


erina
2017.12.26 Tue l エリナクラス(ボイトレ) l top ▲


この2,3日、特に理由もなく、少し気持ちがザワザワイライラしてしまったりしていました。
ホルモンバランスの影響かなとも思いましたが、ふと、気付いたことが。

最近、朝起きてすぐに、甘ーいものを口にしていたのです。

夜は食べる量を控えめにしているので、朝とても空腹で、つい「朝だからいっか」とプチケーキとか菓子パンみたいなものをパクリ・・

空腹時にいきなり甘いものを食べると、血糖値が急上昇しますよね。
急激な血糖値のアップダウンは、身体にも心にもかなりのダメージがあります。
きっとそれで不安定になっていたのかもと思いました。
(プレ更年期もあるかもですが)

出来るだけ血糖値を急上昇させないように気をつけて食べなくてはね。
甘いもの大好きだから、せめて食後かな(それでも食べる笑)。

心を安定させて笑顔で生活するためにも、笑顔でライブやレッスンをするためにも、食べ方ひとつにも気をつけなくちゃと反省しました。

今日はレッスンの帰り際に「よいお年を〜♪」のあいさつが飛び交う、冬至の日でした。
今年もステキなご縁を頂けたことに感謝です☆


インスタグラムにも来てね*

こちらです→*エリナインスタ*


erina
2017.12.23 Sat l エリナクラス(ボイトレ) l top ▲

こんにちは~。


昨日は久々にヨガのレッスンに参加してきました。

以前習っていた先生がスクールを辞められてから1年半ぶり。

今回は、初めて伺うヨガ教室です。


自宅でもマットを敷いて時々やっていますが、育児などに追われなかなか出来ず、思い切ってまたレッスンに申込んでみたのでした。


やっぱりいいですね♪

自分の体や心の状態を知るのにとても役立ちますし、気分も違います。


先生もとても清々しい女性の方で。

また来年から通わせていただこうと思います。



さて今日はストレッチについて。


私はヨガの専門的な知識はほとんどないのですが、呼吸を意識する、体を伸ばす、心に向き合うなどのレッスンが歌にもとても好影響を与えてくれている気がします。


ビギナーの方に多いのは、首から上、肩、胸だけを動かし、体の全部(特に下半身)を使っていないという状態。

下半身に意識がないとどんどん上半身(喉や肩)に力が入り歌うための声を妨げます。


歌は「体が楽器」。

レッスンでは最初に、ヨガではないですがストレッチを取り入れ、各所少なくとも20秒は伸ばし頭のてっぺんからつま先までくまなくチェック。

力の抜けた深い声を作りあげていけるようにまずいちばんに体(BODY)を意識してもらいます。


私がデビュー当時行っていたボイトレでは時間の節約のためにストレッチはレッスン前までに済ませておくようにと言われていました。


そこはレコード会社専属のボイトレだったので、プロなら歌う前のストレッチなどはしておいて当然、みたいな感じだったのかもしれません。


なので私もエリナクラスでストレッチをしていない時がありました。


でも、5分間でも一緒に体を伸ばしてから始めると明らかにレッスンの質が上がることに気づき、今では必ず、プロ・アマチュア問わずストレッチは導入しています。


歌うための声づくりは体を意識することから。

本当に基礎中の基礎的なことですが、とにかく大切なことなので、これからもことあるごとに沢山書くと思います(笑)


ではまた~。



インスタグラムにも来てね*

こちらです→*エリナインスタ*


ERINA

2017.12.21 Thu l エリナクラス(ボイトレ) l top ▲